FC2ブログ
2019-09-08

映画「トールキン 旅のはじまり」

映画「トールキン 旅のはじまり」を観に行った。
東京・日比谷の「TOHOシネマズ日比谷」にて。
『指輪物語』『ホビットの冒険』の原作者トールキンの前半生の伝記映画。

『指輪物語』等を知らなくても、貧しさや戦争に翻弄される学生時代の友情や恋を描いた、普通の青春ものとして観られるかも。

以下、内容に触れるので畳む。
 

続きを読む »

スポンサーサイト



2019-06-07

映画「パドマーワト」

映画「パドマーワト 女神の誕生」を観に行った。
東京・虎ノ門の「ニッショーホール」(日本消防会館)にて。
友人がシネマNAVIで当たった試写会の券に便乗させていただいて。

「日本消防会館」で映画が観られるなんて初めて知ったわ…。
席が決まっていない試写会なので開場前は結構並んでた。インド映画人気高い。
「トルコ至宝展」のときも思ったが、豪華な衣装や装飾のためか、年配の女性も多い。

「架空の歴史もの」であった「バーフバリ」と違い、実在の歴史もの。ただし「絶世の美女の王妃」は創作らしい。
評判通り、大変映像の美しい作品でした。
正統派のインド映画で、歌い、踊り、そして長い(164分)が冗長な感じはしない。

内容に触れるので畳む。気になる方は観てから読んでね~。
 

続きを読む »

2019-02-10

映画「刀剣乱舞」(小説、漫画)

時海結似『小説 映画刀剣乱舞』(小学館、2019.1.23)
大柿ロクロウ『映画 刀剣乱舞』上・下(小学館サンデーうぇぶり少年サンデーコミックス、2019.1.23,30)

ノベライズ本、コミカライズ本も読んだので感想など。
別々に語るべきかとも思ったけど映画と基本同じ話なのでここでまとめて。

一応、内容に触れるので畳む。まだ映画を観ていない方はバック推奨。
 

続きを読む »

2019-02-03

映画「刀剣乱舞」(3回目)

映画「刀剣乱舞」3回目を観に行った。
「川崎チネチッタ」にて。

前々回前回のレポの補足。さらにどうでもよいことばかり?

三回目だったけど楽しめたよ!
(いろいろ追記あり―●2/10、●●2/16)

今週から時間帯が少し変更になったりしていたけど、2作目ができるくらいはあたってるといいな。
●上映時間だいぶ変更になっているようだけどまだやっているようで良かった。というか完売になっている回がある劇場もまだずいぶんあるぞ。上映館数はどうなのかな? 応援上映も行われるとのこと。

帰りに書店に寄って、表紙が三日月の写真の映画雑誌を買ったが、重版されたはずのコミカライズ本は探すのを忘れた。まだ重版できてなかったかな?
●後日無事買えた。一般書店にはなかったり下巻のみだったりしたので結局アニメイトで買ったのだが、おまけがついてきてラッキー。これは下敷か?

以下、内容に触れるので畳む。まだ観ていない方はバック推奨。
 

続きを読む »

2019-01-27

映画「刀剣乱舞」(2回目)

映画「刀剣乱舞」2回目を観に行った。
「横浜ブルク13」にて。

前回のレポの補足。思い出した&新たに気付いたことをとりとめもなく。

開演前に同じ建物に入っている書店で、公式シナリオブック、オフィシャルガイド、ノベライズ本を購入。勢いで買うつもりではなかった公式フォトブックも。台詞が気になっていて欲しかった公式シナリオブックはその書店の人気ランキング1位になっていたのだが、最後の1冊だったようで買えてラッキー。
シナリオでは台詞はほぼ忠実にわかるけど状景とかは書いてないところも多いので、一つの独立した作品となっているノベライズの方もあると補完できて良いかも。
コミカライズはまだ連載中だったかな?

1週目からパンフレット売り切れだったり、2週目の週末には東京の映画館では満員のところも出るなど、なかなか受けているんじゃないかな?
このクォリティが維持・向上できるなら続編あっても期待できるね。

以下、内容に触れるので畳む。まだ観ていない方はバック推奨。
 

続きを読む »

2019-01-26

映画「刀剣乱舞」

映画「刀剣乱舞」を観に行った。
東京の「TOHOシネマ錦糸町」にて。

両国の刀剣博物館の後で隣の錦糸町駅に移動して映画。
事前に買っていたムビチケは日本号。

刀を擬人化したゲーム「刀剣乱舞」(DMMゲームズとニトロプラスが共同製作)の初の映画化。
今までアニメやミュージカルや舞台はあったが映画は初めて。
と言っても8人中5人が舞台のキャストの経験者だが、舞台とはまた全然別の設定の新しい物語となっている。

結論から言うと大変おもしろかったので、ゲームのプレーヤー(審神者)の人はよっぽどこだわりが強くなければ観て損はないと思う。
ゲームを知らない特撮や時代ものが好きな人も楽しめるかな?

以下、内容にしっかり触れるので畳む。まだ観ていない方はバック推奨。
ゲームのプレーヤーとしての視点からの感想で(特撮や時代劇や歴史や俳優には詳しくない)、腐女子っぽい用語も出てきます。
長いよ!
 

続きを読む »

2019-01-04

映画「バーフバリ 王の凱旋」

映画「バーフバリ 王の凱旋」をブルーレイディスクにて視聴。
141分の初期劇場公開版。

大河ドラマのような感じの、壮大な架空の英雄伝説を描いたインド映画。
評判通りの、大変見ごたえのある大活劇。
いやーこちらもとてもおもしろかったです。

「バーフバリ 伝説誕生」と二日続けての視聴。

以下、内容に触れるので畳む。
 

続きを読む »

2019-01-03

映画「バーフバリ 伝説誕生」

映画「バーフバリ 伝説誕生」をブルーレイディスクにて視聴。
138分の初期劇場公開版。

大河ドラマのような感じの、壮大な架空の英雄伝説を描いたインド映画。
評判通りの、大変見ごたえのある大活劇。
予想以上におもしろかったです。

明日続けて「バーフバリ 王の凱旋」を観ます。

以下、内容に触れるので畳む。
 

続きを読む »

2018-09-29

映画「同意」

映画「同意」を観に行った。
東京の「キネカ大森」にて。
「インディアンシネマウィーク2018」で上映の一本。

「スリラー」とあるようにスパイものだが、「007」のような楽しい冒険アクションではなく、1970年代のインドとパキスタンの緊張が高まっていた時代のシビアな物語。

重い話だが、よくできた深い味わいの物語だった。
歌って踊る楽しい「インド映画」も嫌いじゃないが、たまにはこんな話も悪くない。

いつもながらお世話になっているM様のお誘い。
お昼は近くの本格的なカレー屋さんで(シェフの方がインドの人なのかネパールの人なのか私には不明…)。

以下、内容や結末に触れるので畳む。
一回しか観ていないのでいろいろ記憶違いや読み取れていないことがあるかも。気づいた方がいらしたらご教示くだされば幸いです。
 

続きを読む »

2018-09-02

アニメ「ラーマーヤナ」

アニメ映画「ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説」を観に行った。
横浜市の「シネマノヴェチェント」にて。

「マハーバーラタ」と並ぶインドの二大叙事詩である、伝説の英雄ラーマの物語の日印合作アニメ。
1992年に完成したが(クレジットは1993年)、諸事情によりあまり公開されず「幻の名作」になっていた作品。

今観てもきれいだしおもしろいので、もっとあちこちで上映されたりソフト化されたりして、広く観られるようになるといいなあと思われる作品。
昨今インド映画ブームだというので是非!

以下、パンフレットや映画の後のトークで聞いた話を中心に。
長いので、これから観に行かれる方の興を削がないように畳んでおくが、製作経緯や「諸事情」も興味深いので気になる方はどうぞ。
 

続きを読む »

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground