FC2ブログ
2019-09-20

九井諒子『ダンジョン飯』8巻

九井諒子『ダンジョン飯』8巻(HARTA COMIX、2019.9.14)。
KADOKAWA発行、エンターブレイン企画・制作。「ハルタ」誌連載。

「冒険者」がダンジョンで化け物と戦っていたりする、ファンタジーのゲームでよくあるような世界の話。
ダンジョンの中での食料を「現地調達」するのだが、料理の仕方とかが妙にリアルでおもしろい。

ファリンのことやダンジョン世界のこととか結構大変なことになってるんだけど、なんかあんまり深刻な気分にならないところがこの話のいいところだよね。

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

スポンサーサイト



2019-09-19

市川春子『宝石の国』10巻

市川春子『宝石の国』10巻(アフタヌーンKC、2019.8.23)。
講談社発行。月刊誌「アフタヌーン」連載中。

謎の「月人」と争っていた不死の「宝石」たちの物語。

毎回、美しいけど辛い。

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

2019-08-21

『花冠の竜の国 encore』1~7巻

中山星香『花冠の竜の国 encore~花の都の不思議な一日~』1~7巻(プリンセス・コミックス、2016.1.25~2018.11.25)。
秋田書店発行。普通の新書判コミックス。「プリンセスゴールド」誌連載(途中からweb配信へ)。
『花冠の竜の国』本編と次世代編『花冠の竜の姫君』をつなぐ物語のその2、『花冠の竜の国 2nd』の続き。全7巻で完結。
竜が飛び、巨大な花の上で人々が暮らす異世界のロマンティック・ファンタジー。

花の都の王子エスターとイギリスから来たリゾレットの物語再び、の続き。
『~ 2nd』の続きから、1巻のあとがきに書いてあるのでエスターの戴冠まで?と思っていたけどそこまでいかなかったな。

ちょいちょい読みかけてたけど、時間を置くと前の話忘れるし、途中だと先が知りたくて落ち着かなくなるのでまとめ読み~。
買ってるとき一部の巻を間違えて『~ 2nd』をダブって買ったりしてたけど、無事全部読みました。

以下、内容にふれるので。
 

続きを読む »

2019-08-12

諫山創『進撃の巨人』29巻

諫山創『進撃の巨人』29巻(マガジンKCM、2019.8.9)。
講談社発行。「別冊少年マガジン」連載中。

人間を食べる巨人から身を守るため、高い壁の中に人類が住んでいる世界。そこから…。

なんか毎回前よりしんどいと思っていたせいか、今回はマイルドな気がしてきた…。
もう心がマヒしてきたかな?

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

2019-07-21

諏訪緑『うつほ草紙』1巻

諏訪緑『うつほ草紙』1巻(PFコミックス、1995.4.20)。
小学館発行。隔月刊「プチフラワー」誌に連載。

平安時代の古典「宇津保物語」を下敷きにした歴史ファンタジー漫画。
琴を司る家の清原俊華牙とその乳兄弟で琴職人の春音が乗った遣唐使船が難破し、波斯(ペルシャ)の商船のセライ・ナジャという男に助けられ…というところから始まる物語。

絵も物語も「美し」くて素敵です。
少し前のものだがツイッター上で作者の方関連のツイート見た関係で知人から貸してもらったもの。
(直接関係ないことだが、「プチフラワー」誌ってもうないのね…後継誌はあるようだけど)

本人の自覚はあまりないけど俊華牙くんはやればできる子なのね。琴の腕も、語学力とかも。
春音くんはかわいい。
多分貸してくれた知人はわかってた思うけど、セライ・ナジャは好みだなあ~。

「宇津保物語」の俊蔭は23年後に日本に帰ることになっていて、その子孫の話もいろいろあるようだけど、この話ではどうかな?
まあ「ファンタジー」だし。また先を読ませてもらおう。
 

2019-05-30

サガ誕生日おめでとう!(10回目)

永遠の28歳おめでとうです。
もちろんカノンもおめでとう!
誕生日わからないけれど、ND双子座のカインとアベル、Ω双子座のパラドクスさんとインテグラさん、そして別人ぽいのでLoSのサガ(とカノン?)にもおめでとうと言っておこう。
(LC双子座のアスプロスとデフテロスは6/20が誕生日と判明しましたが、一緒に祝っておく。)

ついに10年目かあ。
何かの折にふと見ても、サガはいつも格好いいですねえ。

身の回りをちょっとずつ片付けてる。
単行本感想もそろそろ再会したいなあ。NDも、セインティアも、アサシンも全部買ってます!
 

2019-05-23

『ケルン市警オド』4巻

青池保子『ケルン市警オド』4巻(秋田書店PC、2019.5.25)。
「ミステリーボニータ」誌連載。
ヨーロッパ中世の修道士漫画『修道士ファルコ』からのスピンオフ、中世の警吏(治安役人)のミステリ漫画。
「ファルコ」ではファルコの同僚修道士だったオドの俗世時代の物語。

3巻から続く話の完結編。
まだ続きはあるかな?

以下、内容に触れるので、畳む。
 

続きを読む »

2019-05-04

あしべゆうほ『クリスタル☆ドラゴン』27~29巻

あしべゆうほ『クリスタル☆ドラゴン』27~29巻(ボニータ・コミックス、2016.9.25,2018.3.25,2019.3.25)。
秋田書店発行。月刊誌『ミステリーボニータ』連載中。

いろいろ寄り道もしたけど最近は「ケルト・ファンタジー」に還ってきたか。

『悪魔の花嫁』最終章で休載してるよね、と思っていたらいつの間にか未購入が3冊も。と言ってもそれぞれ11か月・1年半・1年ぶりの新刊。27巻が書店で手に入らなかったので某密林で頼んじゃったよ。
まあこの前の26巻が「7年ぶりの新刊」だったようだが、よく続いているものだ。
ここまで来たのだから完結させてほしい。
1981年の連載開始から30年以上。40年までには終わるか!?

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

2019-05-04

獸木野生『TASK』6巻

獸木野生『TASK』6巻(ウィングス・コミックス、2019.4.10)。
新書館発行。隔月刊「Wings」誌に連載中。
パームシリーズ41巻。
シリーズ最終章。

1980年代のアメリカを舞台にした、医者・ギャング・学生入り乱れる、「牧歌的」で「普通」を目指すエキセントリックな一家を描く大河ドラマ!かな?

以下、内容にふれるので。
 

続きを読む »

2019-04-29

九井諒子『ダンジョン飯』7巻

九井諒子『ダンジョン飯』7巻(HARTA COMIX、2019.4.12)。
KADOKAWA発行、エンターブレイン企画・制作。「ハルタ」誌連載。

「冒険者」がダンジョンで化け物と戦っていたりする、ファンタジーのゲームでよくあるような世界の話。
ダンジョンの中での食料を「現地調達」するのだが、料理の仕方とかが妙にリアルでおもしろい。

本筋を進めるのはちょっと置いといて、キャラの過去話をしたり世界の背景を説明したりする巻、かな?

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground