FC2ブログ
2010-05-22

天文歴・その2

実際に夜空を見るのは双眼鏡による「観望」止まりで、望遠鏡やカメラを使う本格的な「観測」まではいかなかった。

大学のとき天文関係のサークルに入ったが、どちらかというとゆるいサークルで、合宿(「美園(御園?)」という所の天体観測専門の宿?に何度か行った)などでは飲んだりマージャンしていた記憶の方が強い。それでも靴の中に入れたホッカイロがかちかちに冷えたり先輩が望遠鏡に白金カイロをまいたりしていたこと、懐中電灯に赤いセロファンをつけたりして明かりに気を遣っているのに遠くの街灯が邪魔で「割って来い」と冗談を言ったこと、一晩中起きていた後「天文薄明」が始まると、さあっと空全体が薄明るくなって観測に適さなくなり太陽の威力を感じたこと、学祭でプラネタリウムをやったことなどは良い思い出だ。天文台のある野辺山近辺にも行ったが、隣の駅が流行りの観光地である清里なのに、鄙びていて良かった。

一人一回はチャンスがあるハレー彗星が1986年に回帰したときは、日本では条件が悪く全くといっていいくらい見えなかった。ちょうど社会人になった直後だったので、会社を休んで見に行くのが気が引けて見逃した。一生の後悔ものかも。

日食観測ツアーには何度か行った。
1987年9月23日の沖縄への金環食ツアーでは、大部分月に覆われていて縁しか出ていないのに大して暗くならない太陽の威力に感じいった。それでも気温が下がって涼しくなり、空全体が微かに薄墨がかったような感じになった。

1988年3月18日の皆既日食は小笠原沖の船ではなく、スマトラ島のパレンバンに行った。ジャカルタで観光地のバリ島へ行く他の日本人と別れ、小さな飛行機でスマトラ島ヘ。観測中、早朝のアラーへの詠唱が遠くから聞こえた。観測終了後、町中で飲んだジュースの氷のせいか水にあたったりもしたが、皆既日食は見事に見えた。金環のときとは違い、皆既になるときにすうっと暗くなり(完全に真っ暗ではないが)コロナがぱあっと見えたこと、「ダイヤモンドリング」は光量を調節しなくてはならないテレビカメラと肉眼では見え方が違うこと(最後にピカッと光って隠れるのでなくすうーっとそのまま隠れ、出てくるときもすうーっと光が大きくなっていく感じ)、双眼鏡でもプロミネンスが見えたことなどを記憶している。

1991年7月11日のときは、メキシコの方が条件が良かったのだが、日和ってハワイに行ったのが失敗だった。前後は晴れていたのに、皆既の間中、太陽の周辺だけ曇っていたという痛恨事。まあ曇るリスクは付きものとはいえ…あれには泣いた。

1977年にうちあげられたボイジャー1号・2号の外惑星探査(~1989)はすごくおもしろかった。木星では表面のダイナミックな様子・リングの存在・衛星イオの噴火、土星の環の細密な映像・巨大なクレーターのある衛星、天王星のリングの構造、海王星の鮮やかで美しい青い色など、それまでにない外惑星の鮮明な映像や画期的な情報にわくわくした。

最近では宇宙に置かれたハッブル望遠鏡が、大気のヴェールを通さない桁違いにクリアーな観測をしており、時折一般のマスコミにも出てくるその映像の鮮明さには驚かされる。スペースシャトルはなくなってしまうようだが、なんとかハッブル望遠鏡の運用は続けて欲しいものだ。

スポンサーサイト



2010-05-22

天文歴・その1

最近はあまり見ていないが、星を見るのも好きだった。

と言っても、小学生の頃まではあまり興味はなく、カシオペア座とオリオン座がわかるくらいだったと思う。
近所の同級生の男の子が転校した後、望遠鏡で星を見てるけどそっちでも見える?みたいなイラスト入りの手紙をくれたのだが、当時はふうーんと思っただけだったような。筆不精だったのでろくに返事も書かなかったかも。ごめんね、四日市に行ったA君。元気ですか?

私は1969年の「人類月に立つ」をぎりぎりで覚えていられる世代なのだが、月面到着のシーンなどはその後何度も観たので、もう生で観たかどうかはよくわからなくなってしまっている。多分当時はその重要性をあまり認識していなかっただろうし。

中学生になったころだったかに、草下英明の『星座手帖』(社会思想社(現代教養文庫)、1969)を読んだのと、実際の夜空で北斗七星を見てその大きさを確認したことで目覚めたような気がする。
ギリシャ文字のアルファベットは天文のために覚えた。
理科・科学は好きだったが基本文系人間なので、天文関係の本では科学と文学を結びつける類の本が好きでよく読んだ。草下英明の著作はなじみやすくおもしろかった。

プラネタリウムに行ったことはあったと思うが、プラネタリウムのコンパクトでシャープな感じと、実際の夜空の「大きさ」と星の見え方は全然違う。街中に住んでいたし近眼でもあったので、空の状態が良いときでもふだんは四等星くらいまでしか見えないし、天の川も見たことはなかったが、それでも夜空のスケールには感じるものがあった。

バイキング1号・2号の火星探査(ともに1976年に火星に着陸)では、赤い地面とピンクの空の火星の写真に興奮したものだ。父が新聞を4紙ぐらい持ってきてくれたのだが、全部色が違っていておもしろかった(地面が灰色のと、空がピンクでないのがあった)。

一般の宇宙への関心を高めたテレビの宇宙ドキュメンタリー番組「コスモス」(カール・セーガン監修、1980放映)も観ていた。ちょっと大仰なところや眉唾なところもないではなかったが、なかなか見栄えのする番組だったと思う。

ものの名前の由来や物語としての神話は好きだったが、星占いとかは、そもそも占い全般にほとんど興味がない、というよりむしろ嫌いだったので、生まれが何座とか血液型が何だからなんだとか、別にどうでも良かった。某漫画にはまってから、どうせならあの登場人物と同じだと嬉しかったなーとか、あの人と同じだからちょっといいかも、とか思う程度。

2010-05-15

漫画歴・その3(5)

その他のアニメで観ていたものというと、「昆虫物語 みなしごハッチ」というのがあったなあ。大体知りあった人(虫)と悲しく別れることになるので、いつもタオルを握って観たっけ。
最近では「ポケットモンスター」のアニメをアドバンス編の最後くらいまで観ていた。

そのほか特撮ものでは、ウルトラシリーズでは「帰ってきたウルトラマン」「ウルトラマンエース」「ウルトラマンタロウ」のあたりが世代かなあ。「帰ってきた~」では終盤主人公の恋人とその一家が死んでしまうなど、暗かった覚えがある。学年誌でコミカライズもあった。

あと「レインボーマン」とか、何故か「ダイヤモンド・アイ」とかいうのも観ていたような。後者は主人公が変身するのではなく、しているダイヤの指輪で呼び出す超人?が戦うのだが、悪役の「バ~レ~た~か~」がおかしかった。

「秘密戦隊ゴレンジャー」から始まるいわゆる戦隊もの、「スーパー戦隊シリーズ」は、比較的最近、出かけていた先のホテルで朝見て以来、子どもともどもしばらく観ていた。ああいうワンパターンっていいよね。コメディタッチで楽しいし、悪役の人たち(主に声)もいい味出してるし。若い役者さんも大根じゃない人が多くて、「正義は絶対勝つんだ!」このクサいセリフを真顔で言うところがいい。
「百獣戦隊ガオレンジャー」の途中から、「忍風戦隊ハリケンジャー」、「爆竜戦隊アバレンジャー」、「特捜戦隊デカレンジャー」、「魔法戦隊マジレンジャー」、「轟轟戦隊ボウケンジャー」、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」、「炎神戦隊ゴーオンジャー」、「侍戦隊シンケンジャー」まで。よく観ていない回が多いのもあるが、この中では「デカレンジャー」が秀逸だった(日本のSF大会で星雲賞も取った)。

やっとこれで「漫画歴」はおしまい。プロフィール関係としてはあとは細かいことをちょっといろいろ予定。

2010-05-09

漫画歴・その3(4)

少女漫画の方でよく読んでいるSF・ファンタジー系のものは、少年漫画では作家・作品ですぐ思いつくものが少ないかな…読んではいるはずだけど。
「マンガ少年」で連載していた頃の聖悠紀の「超人ロック」は読んでいたかな。
あと単行本でだけど、ゆうきまさみの「パトレイバー」。コメディタッチのところもあるけど、完結後も彼らのその後が気になるリアルなところのある作品だった。

SFともファンタジーとも違うかもしれないが、実は割と最近、訳あって、車田正美の「聖闘士星矢(セイントセイヤ)」にはまった(なぜよりによって車田正美? なぜ今頃「星矢」?)。正確に言うとその中のキャラクターの一人に。絵は決してうまいとは言えないし、全体を通してのストーリーとか設定とかは突っ込み所満載で物語のファンとはとても言えないけれど、キャラの魅力ととにかく読ませてしまうパワーはすごいと思う。リアルタイム時はほとんど読んでいなかったし、アニメも観ていなかったのだが。
何故か「リングにかけろ」の方は読んでいたのだが、あれもスポ根漫画かと思っていたら途中からSF?になったなあ。
別人の書(描)いている派生小説&漫画もいくつかあって、そのうちの一つ、手代木史織の「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」は結構お気に入り。車田正美本人の描いている続編?もあるが…。
「星矢」関係についてのあれこれは、またいずれ別に。

アニメでは、小中学生の頃「科学忍者隊ガッチャマン」が人気だったが、私は「新造人間キャシャーン」の方を観ていたような。「キャシャーン」の最近の実写版はテレビで観たが、リメイクアニメは観ていない。

「宇宙戦艦ヤマト」は実はテレビ版も映画版もちゃんと観たことはないかもしれない…。松本零士の漫画では「銀河鉄道999(スリーナイン)」や「宇宙海賊キャプテンハーロック」を断片的に読んでいる。ハーロックやエメラルダスは格好良かったなあ。

「機動戦士ガンダム」は話題になってから再放送で観た。続編も再放送を含めかなり観たが、「ZZ(ダブルゼータ)」と「00(ダブルオー)」、OVAの大部分は観ていない。しかし「SEED DESTINY」は最後がアレだったなあ。

「新世紀エヴァンゲリオン」もリアルタイムでは観ておらず、レーザーディスクで観た。でかいジャケットにびっしりいろいろ書いてあって読むのも楽しかった。最近の映画版はテレビでやった「序」まで。

あと少し続く。

2010-05-09

漫画歴・その3(3)

水島新司の「ドカベン」も一時かなり単行本をそろえていた。対戦チーム一人一人まで描き分けるのがすごかった。このころは「終わらない話」が魅力だったかも。続編をまだやっているのは驚き。
そう言えば「ドカベン」にもいた両手投げの投手というのが出てくる漫画も別にあった(「エースの条件」という暗そうな話…原作者つき)が、スイッチ・ピッチャーなんてまずいないよね。
他のもいろいろ読んでいるけど、「あぶさん」は引退したんだっけ。

スポ根は別に好きではないが、「巨人の星」は一通り単行本で読んだ。アニメは再放送で部分的に(しかしあのセリフを消すのはいただけないなあ。飛雄馬が誇り高く宣言するところなのに)。
スポ根はいろいろネタになるし、熱いのが読みたいときにはなかなか悪くないので、知識として一度読んでおくと良いかも。江口寿史の「すすめ!! パイレーツ」は「巨人の星」をいろいろ使っていたなあ。「あしたのジョー」や「エースをねらえ!」や「キャプテン翼」も一度読んでみたいのだが。

井上雄彦の「SLAM DUNK」は機会があって単行本で一気に読んだが、良い話だった。脇役も丁寧に描き込まれていて、メガネの木暮くんや桜木軍団のリーダー洋平が気に入った。

スポ根漫画で思い出した少女漫画系のことも少し。
子どもの頃は時節柄、バレーボール漫画がたくさんあった。いろいろ「必殺技」みたいなものもあって。「サインはV」は漫画よりテレビドラマの印象が強いが、どちらもちゃんとは見ていなかったと思う。「アタックNo.1」はアニメでかなり観ていた。漫画も読んだが、結構アニメと違うので違和感があったような。ほかにも2回以上打つと背骨が折れるスパイクが出てくる話とか(タイトル失念、誰か知らないかなあ)いろんなものがあった。
あと、水泳もので、空中に飛び出す「飛び魚ターン」というのが出てくる「金メダルへのターン!」というのもあった。テレビドラマを観たのを覚えているが、漫画もあったような。

もう少し続く。

2010-05-08

漫画歴・その3(2)

小学生の頃から読んだことがあると言えば白土三平の「サスケ」は断片的に。アニメも観たことがあったかも。
「カムイ伝」・「忍者武芸帳 影丸伝」は何故か単行本が地元の図書館にひっそり入っていて、全部ではないかもしれないが大体読んだと思う。ええと、カムイは、影丸は、死んだのか?

漫画としてきちんと読んだと言えるのは、横山光輝の「バビル二世」で、単行本を全巻そろえた。小学生のとき旅行先で見た全身を撃たれる衝撃的なシーンから先が気になって。アニメもあったけど、結構違うところもあったような。ちゃんと観てはいないが、歌は一応歌える。
映像化された作品では、「鉄人28号」は歌しか覚えていないけど、「魔法使いサリー」は少なくとも最後の方は覚えている(この枠ではその後の「ひみつのアッコちゃん」、「魔法のマコちゃん」と観ていたけど、「マコ」でホラーっぽい予告があって怖くて観なくなった)。実写でやってた「仮面の忍者 赤影」(多分観たのは再放送) やアニメになった「マーズ」(アニメ化名「六神合体ゴッドマーズ」)は全然違うものになっていたっけ。
かなり後の作品では、中国歴史ものの「水滸伝」やタイムトリップSF「時の行者」とかも読んだ。

長くなるのでここで一回切る。

2010-05-05

漫画歴・その3(1)

今回から少年漫画について。アニメ・特撮ものもともに。

少年漫画も子どもの頃から読んでいて、手塚治虫・藤子不二雄・石森章太郎(私が読んでいた・観ていた頃の表記)などは漫画・アニメでいろいろ目にしていたと思う。このへんの人のアニメはまだテレビでは白黒だった。

手塚治虫は子どもの頃はアニメのイメージ。「鉄腕アトム」はさすがに記憶がなく、何回目かの再放送のどれかの回を観たという程度。「リボンの騎士」も歌のメロディを覚えている程度。ちゃんと「観た」と覚えているのは「W3(ワンダースリー) 」…と思ったが、放映年が古いので再放送だったか。未来のこととして「1970年…」というナレーションで始まるんだもんなあ。ちょうど観ている途中で家のテレビがこわれて音が出なくなり、急に口パクになってびっくりしたものだ。
漫画で断片的ながら読んだと覚えているのは、「三つ目がとおる」、「ブラック・ジャック」、「マンガ少年」でやってた頃の「火の鳥」とか。

藤子不二雄も漫画よりアニメの印象が強く、「パーマン」を微かに覚えている。

石森章太郎は「サイボーグ009」などを単行本になってから読んだ。「天使編」が…。
関係している特撮ものでは「人造人間キカイダー」(「キカイダー01」を含む)を小学生の学年誌やテレビで目にしていた。学年誌の話では確か「01」のイチローの良心回路は完全、とあったが(テレビ版もそうだったらしい)、のちに「少年サンデー」連載による単行本を読んだらイチローはそもそも良心回路がついてないことになっていた。全然違うんだけど…。
「イナズマン」というのも何故か観ていたよなあ。一定時間「サナギマン」というのになってから二段変身するのだが、サナギマンの間は技が出せないのでいつも苦戦するんだったような。途中で相手のボスが交代するんだけど、前のボスの顔のお面を踏ませて新しい忠誠心を試す「踏み絵」をやっていたっけ。

次回へ続く。

2010-04-29

漫画歴・その2(3)

「ぶ~け」系では水樹和佳。初期の作品は単行本で読んだけど、「イティハーサ」は連載第一回から読んだぞ。完結してよかった。
吉野朔実は「本の雑誌」で連載した書評エッセイ漫画の単行本で知って、それから作品も探して読んだ。「月下の一群」や「少年は荒野をめざす」の頃の絵が好き。今ぶ~けコミックス探すの大変…。

ひところSFファンタジー系の漫画誌がいくつも並び立っていて、それ以外の漫画誌にもSFファンタジー系の作品がよく載っていた。
「マンガ少年」(のち「デュオ」)では、少女漫画系では竹宮恵子「地球へ…」、山田ミネコ「ハルマゲドン」シリーズとかやっていた。
今残っているその手の雑誌は「ウィングス」くらいか。「パーム」シリーズの伸たまき(獣木野生)、「ジョーカー」シリーズの道原かつみ、「パイラザーダ」のあずみ椋とか好きだったな。「パーム」はなんと今も続いているが、ラストは確定しているのでミーハーのジェームス好きには先は読みたいけどちょっと辛いジレンマ。道原かつみは「ジョーカー」シリーズの原作者、麻城ゆうの小説の挿絵も描いていて、最初小説の方は半分は絵につられて買っていたっけ。あずみ椋は北欧神話ネタの「緋色(あか)い剣」も好きだなあ。
ちょっと別系統から来た人だけど、篠原烏童の「眩惑の摩天楼」も好きだった。かわいい系の女性とがっしりした男性っていう構図は好みのタイプ。
あと、ばりばりな少女漫画な絵柄だけど結構シリアスなSFだった「たんぽぽクレーター」シリーズの筒井百々子も気に入ったけれど、単行本は手に入りにくくて、まだ読めてない作品もある。

これらとは全く別に、何だか気になった作品に牧村ジュン『銀河のプリンセス』というのがあった。ロマンチックSFという感じの話だが、中に出てくるエスパーのお兄さんが気に入っていて、自分の創作のキャラのイメージモデルに使ったっけ。ふだん読まない「なかよし」の単行本だったが、何で知ったんだったかなあ。

個人的に話したことがある唯一の漫画家さんはめるへんめーかー。この人は描く漫画のイメージ通りの方だった。実はふわふわっとした感じの絵柄のためあまり読んでいなかったのだが、「夢狩人」など本格的なファンタジーやSFでは結構骨太な話も描いていて驚いた。コミカルなノリの「ペニントン館」や「星降る森のリトル魔女」なども楽しいが、実は一番好きなのはファンタジーでもSFでもない「森にすむ人々」だったりする。引退したつもりはないそうだが、声がかからなくなったとか言っていたような。

もっといろいろ読んだし好きなものもまだまだあるが、とりあえずこんなところで。

2010-04-29

漫画歴・その2(2)

「花とゆめ」「LaLa」系だと、前回の美内すずえと和田慎二以外では、三原順の「はみだしっ子」シリーズとか、神坂智子の「シルクロード」シリーズとか読んでいた。
最近NHKの深夜アニメになった「花咲ける青少年」(しかしすごいタイトルだよな)の樹なつみは、初期の学園もの「~に捧げるコメディ」の頃から絵柄的にもストーリー的にも好きだったな。「マルチェロ物語(ストーリア)」も読んでたけど、SF「OZ」が好き。「八雲立つ」以降は読めてない。
あと、男の子は格好良く女の子はひたすらかわいいけど芯はしっかりしている、みたいな少女漫画の王道な、ひかわきょうこも実は結構好きだったりする。「和田君とゆきこ」「千津美と藤臣君」シリーズとか。「彼方から」完結したんだなー今度読もうかな。そう言えばこの作品も「OZ」も星雲賞取ったんだ。

中学になってからよく読むようになったのは「プリンセス」系。
筆頭は青池保子。「イブの息子たち」から「エロイカより愛をこめて」、「エル・アルコン」まで。特に「エロイカ~」の少佐にはまって、高校生の頃コミケに行って買ったファン同人誌(個人でやってた硬い研究中心のもの)を定期購読したりした。ストーリーとしてはスピンオフの「Z(ツェット)」第2話がすごく好きだった。中1の頃、ヤマトタケルとバージルのキスシーンを見て「この二人って、どっちか女性だったっけ?」とか悩んだのは遠い思い出。
それと、ファンタジー漫画をがんばって描いている中山星香。単行本はかなり持ってると思う。「妖精国(アルフヘイム)の騎士」とかのハイ・ファンタジー系はもちろん、「13枚綴りのお客人」とかのエブリデイ・マジックものも好きなんだけど。悪役は美形の方がいいと思う…
あと花郁悠紀子。絵柄が美しくて好きだったんだけど、私が高校生の時に亡くなった。SFファンタジーの「フェネラ」や「昼さがりの精霊」とか好きだけど、「春秋姫」や「幻の花恋」とかの日本ものも良かったな。後で思うと随所に「死」が見え隠れしていたけれど、ああ、もっともっと作品が読みたかったなー。実妹の波津彬子もフレドリック・ブラウンのコミカライズ「みみず天使」が良かったなあ。

「少女コミック」系。
萩尾望都は小学生の頃「ポーの一族」とかやっていたはすだが、リアルタイムではほとんど記憶がない。小学生の頃は「少女コミック」系の雑誌は読んでなかったからなー(後で単行本か全集で読んだ)。「スター・レッド」はリアルタイムで連載第一回から読んでいた。「まるでスター・ルビーですな」のシーンが赤く見えたぞ。
吉田秋生はリアルタイムで「ホテル・カリフォルニア」から「カリフォルニア物語」を読んでいた。日本ものの「夢みる頃をすぎても」とかを含め、若者の等身大な描写がすごく身近に感じられた。少女漫画だけど目に星もなく、後ろ姿がむしろ寸詰まって見えるくらい絵自体もリアルだった。
SF系の漫画では「ブレーメン5」「那由他」の佐々木淳子を読んでいた。「ダークグリーン」はリアルタイムで。

この項、もう一回続く。

2010-04-29

漫画歴・その2(1)

今回は少女漫画について。

よく読んだ記憶のある少女漫画誌は「別冊マーガレット」「りぼん」(多分小学生の頃)、「花とゆめ」「LaLa」「プリンセス」「ビバプリンセス」「週刊少女コミック」「別冊少女コミック」「プチフラワー」「プチコミック」「ぶ~け」、あとこれらの別冊・増刊など(ここまで中学生以降)。

「その1」でも書いたとおり、吝嗇家ゆえあまり漫画誌や単行本は買わず、中学生になってからは立ち読み常習犯になったのだが、小学生の頃は姉が買ったのを見たりしていたのかも。特に「りぼん」は「なかよし」とともに付録があったためひもかけがされていて、本屋の店頭では見られなかったので、中学生以降はあまり読んだ記憶がない。「りぼん」系のものは増刊や別冊の再録や単行本で読んだものも。
最近は単行本はビニ本だし雑誌もそうなってきたのも多いけど、逆に新古書店とかで立ち読みが可能なところがふえた。でも昔ほど漫画の棚に人がびっしりじゃない気がするのは、娯楽が増えて漫画読み人口が減ったせいなのだろうか?

読んだ少女漫画の傾向としては、学園ラブコメとかはあまり読まず、少女漫画としては異色な方の冒険ものとかが好きだった。のちにはSFやファンタジー系のが好みに。SFは小説より少女漫画系の漫画で好きなのが多いような気がする。
今家にある単行本を中心に読んだもの・好きなものを思い出してみると…

小学生のころは「別冊マーガレット」の美内すずえとか和田慎二が好きで、特に和田慎二はのちにかなり単行本をそろえたりした(『銀色の髪の亜里沙』から『スケバン刑事』の8巻まで)。この二人が「花とゆめ」に移ったあとも作品を追っていたと思う。美内すずえは「ガラスの仮面」が始まったとき、今度は現代ものなのか~早く終わってまた冒険ものやらないかなーとか思っていた。「はるかなる風と光」とか「赤い女神」とか好きだった。「聖(セント)アリス帝国」も面白かったけど、2話で中絶しちゃって残念だったなあ。

「りぼん」系では一条ゆかりを読んでいたことは覚えている。私が子どもの頃から描いていたが、今も描いているんだよなー。双子のエスパー兄妹の出てくる「こいきな奴ら」とか好きだった。「有閑倶楽部」も楽しかったし。「デザイナー」も「砂の城」も読んではいるが…。

長くなったので次回に続く。

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground