FC2ブログ
2020-09-28

北村薫『玻璃の天』『鷺と雪』

北村薫『玻璃の天』(文春文庫、2009)、『鷺と雪』(文春文庫、2011)読了。
『街の灯』の続編で、『鷺と雪』がシリーズ最終巻。
『玻璃の天』は「幻の橋」「想夫恋」「玻璃の天」、『鷺と雪』は「不在の父」「獅子と地下鉄」「鷺と雪」の3話収録。
『鷺と雪』で直木賞を受賞。

昭和戦前期を舞台に、良家のお嬢様がちょっとした謎に遭遇する話。
主人公のお嬢様の女運転手ベッキーさんが裏主人公。

第1作読んだのもう10年も前か! シリーズになっているのに気づいたのは割と後になってからだったけど。設定以外ほぼ忘れているので『街の灯』も読み返した。

読ませる良い物語でしたが、シリーズこれで終わりなのが残念。主人公たちがこの後どうなったかが気になるなあ。良い物語は終わった後も気になるものだけど、これから激動の時代に入るので余計に…。まあだからこそここで終わるのだろうけど。

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

スポンサーサイト



2020-03-10

紀田順一郎『神保町の怪人』

紀田順一郎『神保町の怪人』(東京創元社、2000)読了。
創元クライム・クラブの一冊。古本にまつわるミステリ3作を収録する短編集

おそらく作者御本人がモデルと思われる、古本に関するコラムなどを書いているライター「喜多」を語り手にした古書ミステリの連作。
古書の世界にまつわるあれこれが興味深い。

紀田先生の古書ミステリはどれを読んだっけなあ。『幻書辞典』『鹿の幻影』『第三閲覧室』は読んだ記憶があるが、全部は読んでないかな。
『図書館活用百科』ほか、本に関係する著書もいろいろ読んだり使ったりしました。
かつて勤めていた会社の仕事でお世話になったことがある。その節はありがとうございました。ホームページも閉じられて蔵書も処分されたとのこと、お元気でいらっしゃることをお祈りしております。『蔵書一代』も読んでおこうかな。

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

2019-09-14

岡崎琢磨『珈琲店タレーランの事件簿』

岡崎琢磨『珈琲店タレーランの事件簿―また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』(宝島社文庫、2012)読了。
宝島社刊行。第10回『このミステリーがすごい!』大賞最終選考に残った作品を改稿したもの。第1回京都本大賞受賞作。

珈琲店「タレーラン」で女性バリスタが謎を解き明かすという形式のミステリ。
語り手は理想のコーヒーの味を追い求める青年。
シリーズ化され、これが第1作となる。

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

2019-08-11

北村薫『太宰治の辞書』

北村薫『太宰治の辞書』(創元推理文庫、2017)読了。
円紫さんと「私」シリーズ最新刊。短編集。
新潮社、2015年刊の単行本収録の「花火」「女生徒」「太宰治の辞書」に、短編「白い朝」とエッセイ「一年後の『太宰治の辞書』」「二つの『現代日本文学大系』」を併載。

前作『朝霧』が1998年刊行でもう出ないと思っていた。文庫化からも2年経ってしまっているが、このシリーズ好きだったので。

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

2018-12-02

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖―扉子と不思議な客人』

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖―扉子と不思議な客人』(メディアワークス文庫、2018)読了。
古書店を舞台にした、古書と古書にまつわる人間模様を描いたミステリー、番外編。
巻数ついてないけれど本編7巻のあとの後日譚。

母親の栞子が娘の扉子にそれぞれの本に関係した物語を語るという形式。実際は名前を伏せたり省略したりして語っていたという設定。

作者は「本編に出てこないエピソードを考えるのが好き」とのこと(私も好きだ!)。前日譚もそのうち出るかも。楽しみ。
 

2017-07-17

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7』

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7―栞子さんと果てない舞台』(メディアワークス文庫、2017)読了。
古書店を舞台にした、古書と古書にまつわる人間模様を描いたミステリー第7作、最終巻。

古本ネタは私には難しいものも多かったけど、楽しませていただきました。今度再読しよう。
これで完結だけど、番外編があるとのこと、楽しみに待ちたいと思います。

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

2017-04-09

柳広司『ジョーカー・ゲーム』

柳広司『ジョーカー・ゲーム』(角川文庫、2011)読了。
戦前日本を舞台にしたスパイ機関の物語。陸軍中野学校をモデルにしているらしい。

アニメを斜め観ていた、というより、ほとんど音を聞いていただけに近かったけど、それなりにおもしろそうだったので、原作本が手に入ったので読んでみた。
1冊に数話入っている短編連作で、続編も数冊ある。

実在した人物・機関の話ではないけれど、ファンタジー的な要素はなく、原作は普通の角川文庫でラノベの体裁ではない。
かなり地味な話だと思うけど、よくアニメになったな。アニメでは人気声優さん使ってて、キャラもイケメン揃いだったようだけど。

ある意味暗い時代の話だけど、「生き残れ」が命題であるだけに、バッドエンドの話はなく、なかなか面白かったよ。
 

2017-02-11

田中芳樹『魔境の女王陛下』

田中芳樹『魔境の女王陛下』(講談社ノベルス、2012)読了。
<薬師寺涼子の怪奇事件簿>の、光文社の方と合わせて多分9作目。
美人で有能だけど破天荒な上司に振り回される主人公の警察もの?

上司は仕事はできるけど(かなり強引だけど)、大金持ちで将来を約束されたキャリア官僚の警視で、性格は…悪い。主人公はノンキャリアなので上司より年上だけど階級は下の警部補。いつもわがままな上司に振り回される役なんだけど、結構有能で背も高くて顔も良い。実は上司に気に入られているんだけど、主人公は語り手なのでそのことに気づいていない…。

日本や世界の現状を痛烈に皮肉りながら、ばったばったと「敵」を切り伏せながら進む小気味よい物語。いや多少超自然的な事象も出てきたりするけど、ファンタジーじゃなくて一応警察ものだと思う。

今回はとある殺人鬼を追ってシベリアに赴くことになる話。日本が舞台の話と海外が舞台の話があるが、この巻は海外編。前巻を読んだのはかなり前だけど、相変わらず楽しめた。次巻がすでに出ているようなので、そのうちに。

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

2016-01-17

太田紫織「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」

太田紫織『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(角川文庫、2013)
太田紫織『櫻子さんの足下には死体が埋まっている 骨と石榴と夏休み』(角川文庫、2013)
太田紫織『櫻子さんの足下には死体が埋まっている 雨と九月と君の嘘』(角川文庫、2013)
以上読了。
骨と真実を愛する、美人だが変人の「標本士」のお姉さんと、普通の高校生男子のコンビのミステリー第1~3作。

アニメで先に観て、おもしろそうなので読み始めてみた。変人の櫻子さんが楽しい。
しかし本には巻数がついてないのでわかりにくい! 背表紙についてる作家作品番号がいちばんわかりやすいか。

以下、内容にふれるので畳む。
アニメ関連の勝手な推測も含む。

続きを読む »

2015-12-28

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖6』

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖6―栞子さんと巡るさだめ』(メディアワークス文庫、2014)読了。
古書店を舞台にした、古書と古書にまつわる人間模様を描いたミステリー第6作。

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground