FC2ブログ
2011-02-26

弓きいろ『図書館戦争 LOVE&WAR』6巻

弓きいろ『図書館戦争 LOVE&WAR』6巻(花とゆめコミックス、2010.9.10)。
白泉社発行。「月刊LaLa」誌に連載中。
有川浩原作のコミカライズ。6巻現在、原作の2巻の途中。

原作のことを言うと、
本と図書館を巡って、検閲を断行する「良化特務機関」とそれに対抗する「図書隊」の武力抗争が繰り広げられる「if」の世界。
荒唐無稽な様で、結構現実を映した話なんだけどね。
「図書館の自由に関する宣言」が架空のものだと思っている人も多いのじゃないかなあ。「第4」に「不当な」がついているところだけ実際と違うけど。
元図書館関係崩れ?の身としては、いろいろとにやりとできるところもあっておもしろい。よく調べているし。
恋愛小説なところも楽しくて、原作はすごく好き。1巻を読んだところで全巻大人買いした。
堂上教官はじめ、キャラクターがみんな魅力的。玄田隊長とかもいいよね。

なので、漫画も買っている。
原作よりさらに恋愛成分増量の「少女漫画」。まあテイストは変わらない気もするけど。こっちも楽しい。
この巻は柴崎中心のエピソードだったが、次巻からはブラコンの手塚くんのターンのようだ。楽しみ。

「月刊コミック電撃大王」誌でふる鳥弥生がやっていた『図書館戦争 SPITFIRE!』(アスキー・メディアワークス)もおもしろかったが、作者の健康上の理由により単行本1巻で中断になったらしい。こちらはこちらで面白かったので残念。
アニメもおもしろかったよ。

スポンサーサイト



2011-02-23

有川浩『空の中』

有川浩『空の中』(角川文庫、2008)を読了。
メディアワークスから2004年に出たハードカバーの文庫化。
初期の<自衛隊三部作>の2作目、「空」(航空自衛隊)編。デビュー2作目でもある。
文庫版には後日談の書き下ろし短編「仁淀の神様」が巻末に収録されている。

未知の巨大生物とのファースト・コンタクトSFと言えるけれど、この人の作品なので恋愛小説だ!
すごくおもしろく読めた。

以下、内容にふれるので畳む。

続きを読む »

2011-02-20

由羅カイリ『彩雲国物語』6巻

由羅カイリ『彩雲国物語』6巻(あすかコミックスDX、2010.10.26)。
角川書店発行。「月刊Asuka」誌に連載。
雪乃紗衣原作のコミカライズ。

原作6巻番外編の国試直前の話の続きと、原作3巻の新人いびり?の途中まで。珀明くんのツンデレがかわいい~いやそれ以上に影月くんがすごくかわいい。

アニメの再放送が終わって寂しい。原作の続き、そろそろ出ないかなー。

2011-02-17

『日本近代教育小史』

『日本近代教育小史』(仲新,伊藤敏行編、福村出版、1984.11)読了。
明治以降の日本の教育史についての教科書的な本。1970年代の終わりくらいまで。

仕事の関係で近代日本教育史について一通り頭に入れておこうと読んだもの。
近代史って学校の歴史の授業では薄くなりがちな分野だけど、戦後でもすぐ保守的な方向に流れていく日本は何だかなあ。「教育」ってのはすぐ生臭くなる感じ。
もう一冊『日本教育史』(寄田啓夫,山中芳和編著、ミネルヴァ書房、1993.1)というのにも目を通したが、こっちは古代からの通史なので斜め読んだ程度。

昔、会社の社長から、新しい仕事を始めるときはその分野に関する本を最低二冊は読めと言われたけど、あまり実践したことはなかったよなあ。

どちらも図書館で借りたのだが、線を引いたりマーカー塗ったりした奴がいるのにはねえ。
書き込みしたいなら買えよ! 返しちゃう本に書き込みしたってしょうがないだろ…
『日本近代教育小史』の方は表紙に「この本は書き込みがあります」みたいな注意書きが貼ってあって驚く。
鉛筆の傍線は図書館の人か別の利用者の人かが消していたので、私もつい消し残りを消しながら読んだぞ。

2011-02-08

LC漫画23巻

手代木史織『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』23巻(少年チャンピオン・コミックス、2011.2.20)。
秋田書店発行。「週刊少年チャンピオン」誌連載中。
車田正美原作の『聖闘士星矢』の先代、200数十年前の前聖戦を描く。

以下、ネタばれがあるので畳む。
週刊連載のネタばれをにおわせることもあるのでご注意。

続きを読む »

2011-02-06

『聖闘士星矢☆アニメ・スペシャル』

『聖闘士星矢☆アニメ・スペシャル』(集英社、1988年7月13日号、JUMP GOLD SELECTION 1)
『聖闘士星矢☆アニメ・スペシャル2』(集英社、1988年11月9日号、JUMP GOLD SELECTION 2)
『聖闘士星矢☆アニメ・スペシャル3』(集英社、1989年4月19日号、JUMP GOLD SELECTION 3)
週刊少年ジャンプ特別編集のA4ムック本。
多少黄ばんだりはしているけど、出てから年数経ってる割には保存状態は悪くない。

アニメの資料はうちにはなかったし、ちょうどTVアニメ観終わったところだったので、いろいろ楽しかった。
映画版を含め、カラーがたくさんあるのが嬉しい。キャラの顔も確認できるし。
広告にあるフィギュアも今の「神話」じゃなくてまだ「大系」ってやつだったり。いろいろあったのね…。
用語辞典的なものの解説に笑えるものが混じっているのがおかしい。「1」に「スイカ」の項目があったり、「2」のトレミーの項に「すごく弱い」って書いてあったり…。

番外編短編小説が各一編入っているのだが、「1」は瞬&一輝話、「2」はサガの乱前夜のシュラ中心話、「3」は「聖域十二宮編」と「アスガルド編」をつなぐ沙織さん中心話。
中でも「2」の「聖剣秘話 サガ!野望の序曲」がシュラ話でちょっとびっくり(そういうものがあるとは聞いていたけど)。内容にふれる感想は追記に(2011.2.6追記)。

「1」の直後に漫画の方のガイドムック『コスモ・スペシャル』というのも出ているんだけど、これも安く手に入らないかなあ。
『大全』があればいらないものなのかな?

続きを読む »

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground