FC2ブログ
2013-05-31

星矢新作アニメΩ(56~59週)

「聖闘士星矢」の新作TVアニメ、「聖闘士星矢Ω」の5月分、第56~59週分の感想。
毎週早起きして観ています。

以下、ネタばれになるので畳む。
いろいろ言ってますが、おもしろいですよ。

(今週分まだ二度見してませんが出しておこう。)
 

続きを読む »

スポンサーサイト



2013-05-30

サガ誕生日おめでとう!(4回目)

永遠の28歳おめでとうです。
もちろんカノンもおめでとう!
誕生日わからないけれど、LC先代双子座のアスプロスとデフテロス、ND先代双子座のカインとアベル、そしてΩ双子座のパラドクスさんにもおめでとうと言っておこう。

四年目です。
サイトの誕生日は忘れてても、この日は忘れない…!
昨夜のカウントダウン覗きに行くのは忘れたけど。
LC外伝の双子座編はまだ来ません。ラスト三人の中のようです。
カインとアベルの実態はまだ謎なまま。
パラドクスさんも結構好きですよ。特に黒パラさんが格好良かったな。再登場は?

「別館」でこっそり別キャラ関係のものやってますが、私の星矢界での「一番」はハーデス十二宮編サガなのです。
文句なく強くて男前で格好いいのが好きです。
 

2013-05-23

拍手御礼

5/14に拍手くださった方、ありがとうございました!
しばらく気づかなかったもので、お礼が大変遅くなり失礼いたしましたm(_ _)mm(_ _)m
もしかして、サイト誕生祝いにくださったのでしょうか?
これからもよろしくお願いいたします。

本家の更新チェックもそろそろしないとなあ~。
 

2013-05-18

映画「恋する輪廻」

映画「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」を観に行った。
東京の「キネカ大森」にて。

歌って踊るインド映画です。
せっかくなので、マサラシステム上映の回に行って来ました。拍手したり声援したり、一緒に歌ったり踊ったりして観ましょう!という趣旨の上映スタイルのやつです。
音だけのクラッカーや記念品を無料で配ったり、同時上映している別のインド映画のシリーズの紹介・宣伝を含めて“事前説明”があったりして、会場側も気合入ってました。映画館のサイトに「イケメン(?)スタッフがお席までご案内いたします。」「※ご案内はイケメンでない場合もございますのでご了承ください。」とかあって笑う。
ノリについていけなかったらとちょっと心配でしたが、みんなが立つところで立たないと観えない(笑)という以外は大丈夫でした。
楽しかったです!
お誘いくださったM様、ありがとうございました!

主演の男優さんはなかなか格好良かったです。
顔も、“悪役”のいかにもなイケメンの人より好みかも。
上半身はがっちり、でも足は結構細い。
他の俳優さんと並んでいると、あれ割と背低い? 場面によってはヒロインの人よりも低く見えるんだけど。
それでもいい男でしたよ!

ヒロインの人もとても美人で、新人らしいですが芸達者でした。
ゲストで有名な俳優さんたちがたくさん出ているようなのですが、いかんせんこの筋に詳しくないのでわからず(詳しいファンの人は登場シーンでクラッカー鳴らしてました)。
若いお姉さんたちがみんな同じに見えて困りましたが(男性はかろうじて顔が違うことはわかる…)、年配の女優陣がいい味出していました。

マサラ上映は今日のみですが、上映自体はまだやってるし、別のインド映画もやっているので、興味がある方は行かれては?
楽しいですよ!

しかしキネカ大森、「ロンドンゾンビ紀行」とかヘンな映画いろいろやってるんだな…(←褒め言葉)。


内容についても覚えているうちに少し(一応畳みます)。
 

続きを読む »

2013-05-14

とうに3周年を過ぎて

リアルの忙しさにかまけていたら、4/10がサイトの誕生日だったことをすっかり忘れていました。
去年も完全にスルーしていた気もしますが…。
ただの個人感想日記サイトですが、もし楽しんでくださる方がいらっしゃいましたら幸いです。
これからもこんな感じですが、よろしくお願いいたします。
 

2013-05-11

LC漫画外伝7巻

手代木史織『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝』7巻(少年チャンピオン・コミックス、2013.4.20)。
秋田書店発行。月刊「別冊少年チャンピオン」誌連載、外伝第7章「獅子座」。
車田正美原作の『聖闘士星矢』の先代、200数十年前の前聖戦で「死闘を繰り広げた、雄々しくも美しき十二人の黄金聖闘士たちの、もう一つの激闘の記録」。

今回も特典ペーパーあり。単色だけどコナーちゃんとのツーショットのやつをゲット。
感想遅くなりましたが、発売日4/8に買ってます!

以下、ネタばれがあるので畳む。
 

続きを読む »

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground