FC2ブログ
2014-03-30

星矢新作アニメΩ(93~97週)

「聖闘士星矢」の新作TVアニメ、「聖闘士星矢Ω」の3月分、第93~97週分の感想。
毎週早起きして観ています。

以下、ネタばれになるので畳む。

今週ついに最終回!
いろいろ言いましたが(これからも言うかもしれませんが)、楽しかったです。
2年間お疲れ様でした!
 

続きを読む »

スポンサーサイト



2014-03-16

ラファエル前派展&唯美主義展

「ラファエル前派展―英国ヴィクトリア朝絵画の夢」会場:森アーツセンターギャラリー
会期:2014年1月25日(土)~4月6日(日) ※会期中無休

「ザ・ビューティフル―英国の唯美主義1860-1900」会場:三菱一号館美術館
会期:2013年1月30日(木)~5月6日(火・祝) ※月曜休館

イギリスの美術展を同日にはしごしてきた。
ラファエル前派の運動から唯美主義という19世紀のイギリス美術の流れを堪能できる。
美しかったですよ!

前者は六本木ヒルズの森タワーの52F。繁華街にあるためか、それなりに混んでた。
ミレイの「オフィーリア」やロセッティの「プロセルピナ」などの有名で華やかな絵も多いし、新聞とかでもよく宣伝している気が。
バーン=ジョーンズの「「愛」に導かれる巡礼」、あんなに大きい絵とは知らなかった。
「テート美術館の至宝」っていう角書があるように、ロンドンのテート・ギャラリーの一点貸出らしい。

後者は東京駅の近くで最近復元して開館した美術館。こっちの方が空いていたし、古い建物を利用しているので、雰囲気があっていい。
こちらは装飾美術館のヴィクトリア&アルバート美術館の所蔵品がメインで、絵画だけでなくモリスのタペストリーや工芸品、家具などもある。
絵画はロセッティほか、挿絵画家のウォルター・クレインやビアズリーなど。
ラファエル前派展を見てから回るとわかりやすい。

この二つの展覧会、なんと相互割引があった。
両方行かれる方は、すでに行った方のチケット持参で!(知らなかったので正規の料金で普通に入っちゃったよ)

そう言えば最近の美術展って、たいてい音声ガイドってあるよね(使わなかったけど)。
あと、出品目録っていうのも昔は置いてなかったような。図録は買わなかったけど、何が出てたのかわかるのでこっちはもらってきた。

ちょっと疲れたけど良い目の保養でした。
 

2014-03-16

テンプレート変更

今日は上着が邪魔なくらいだった。
まだ寒い日もあるかもしれないけど。
テンプレ、春秋バージョンに変更。
 

2014-03-11

映画「ホビット」第二部

「ホビット―竜に奪われた王国」の映画を観た。
今回はせっかくなのでIMAX HFR 3D字幕版とやらに行ってみました。
しかし寝不足と空き腹で観てはいけませんね。激しく動く画面と腹に響く大音響で、酔いました。
半分くらい観たあたり、かなりやばかったです。
眼や頭が痛くなるのは想定内だったけど、次回はきちんと体調を整えて観ようと思いました。
吹替版も観るつもりだったけど、結構疲れたし、いろいろ詰まっているので後はソフト買ってからにしようかなあ。

おもしろかったけど、『ホビットの冒険』ってこんな話だったっけ感満載(笑)。
オリジナルシーンというかアクションシーンがてんこもりになってました。
でも観る価値は十分あると思うので、まだ観ていない方はお早めに。
日本でも今回はそこそこ出足がいいようだけど、そんなに混んではいない気が。

以下、ネタバレありの感想ですので畳みます。
 

続きを読む »

2014-03-11

星矢新作映画LoS前売開始

「聖闘士星矢」の新作劇場用映画「LEGEND of SANCTUARY」が、フルCGアニメで6/21に公開される。
先日前売りが開始されたのでゲットしてきました。
ストーリーは聖域十二宮編。TV版の主題歌も使うようだけど、キャラデザから含めてオールリメイク。

このところいろいろ動き出していて、遂に本当にやるんだなあという感じになってきた。
この話は何年も前から聞いていたけどなかなか具体的な動きが見えなくて、一時は流れてしまったかと思っていた。
エリシオン編をやるという話もあったみたいだけど、最終的には無難?な聖域十二宮編になったようだ。
あたれば海界編、ハーデス編と続けてくれたりするかなあ?

キャラクターは青銅+沙織さんから始まって少しずつ公開されていたけど、先日の前売券のおまけでまだ未公開だった黄金もほぼ顔は確定。
テレビCMも始まったし、予告編ムービーも出た。
CVも発表されたけど、沙織さんだけ出てないのは何かサプライズがあるのかな?
楽しみに公開を待ちたい。

以下、現時点の情報での感想を書くので、公開まで知りたくない方はパスで。
 

続きを読む »

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground