FC2ブログ
2015-06-30

梨木香歩『雪と珊瑚と』

梨木香歩『雪と珊瑚と』(角川書店、2012)を読了。
シングルマザーの女性が子育ての中で総菜カフェを開くという現代もの。

この人の作は出た順に読んでいたのだけど、これだけ飛ばしてしまっていた。
この前の現代ものがちょっと重かっただけに恐る恐る読んだが、まあ許容範囲内かな。

これもファンタジーでも児童文学でもないけど、いずれサイトの方にアップ予定。

以下、一応内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

スポンサーサイト



2015-06-21

セインティア5巻

久織ちまき『聖闘士星矢 セインティア翔』5巻(チャンピオンREDコミックス、2015.6.1)。
秋田書店発行の月刊誌「チャンピオンレッド」連載中。
車田正美原作『聖闘士星矢』の新しいスピンオフ作品。女神アテナの側近として「女子」のまま仕える特別な聖闘士、「聖闘少女(セインティア)」の物語。
絵もきれいだしとても楽しいです!

今回はおまけペーパーのため、またまたまた喜久屋書店で通販。
白黒で絵柄は白銀五人組。左からゲオルク、ユアン、リゲル、マユラ、魔鈴。
アサシン・LCも一緒に買ったため到着はLCの発行日後に。

以下、ネタばれがあるので畳む。
雑誌掲載時との変更点、なんだか待っている方がいらっしゃるようなのに遅くなって申し訳ない。
 

続きを読む »

2015-06-17

梨木香歩『海うそ』

梨木香歩『海うそ』(岩波書店、2014)を読了。
戦前、九州のとある島を訪れた一人の人文地理学者。自然の中と人の営みの跡を歩いて。

最終章は「五十年の後」の戦後。現代、と思ったけど、多分1980年代の昭和の終わりあたりかな。
いろいろと変わった島を見て、行き着いた思いは。

今から見れば古いできごとのあれこれが、この人の作品だと変にノスタルジックな匂いなく素直に読めるなあ。
おもしろかったけどどこがどう、とは言いにくいなあ。

これもファンタジーでも児童文学でもないと思うけど、いずれサイトの方にアップ予定。
 

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground