FC2ブログ
2015-08-23

「燭台切光忠」見てきました!

(※2015.8.29、9.11いろいろ追記でさらに長文に)

会場:徳川ミュージアム
会期:2015年7月11日(土)~9月23日(水) ※月曜休館
常設展示の一部として、「太刀 児手柏包永」と「刀 燭台切光忠」を上記の期間展示中。
※当初は9月2日(水)までだったが、期間延長。再延長はないとのことなので、次いつ見られるかはわからない。見たい人はこの機会に。

※とか言っていたら羽田空港ディスカバリーミュージアムとやらに出張するそうだ。前期・後期とも展示されるかは不明なのでご注意を。

「燭台切光忠」は、刀を擬人化した「刀剣男士」を集め、敵と戦わせる育成ゲーム「刀剣乱舞」(DMMゲームズとニトロプラスが共同製作)のキャラクターである。
その元ネタとなった刀が公開されているというので行ってきた。

水戸駅から車で10分程、偕楽園のそばにある小さな歴史系博物館。
10:00開館のところ11:00頃に着くと、すでに受付の前には長い列が。整理のボランティア係員さんが言うには、開館前にはすでに外に列ができていたとか。午後から行った方がすっと入れて良いとのこと。

受付で入館料を払い特別解説パンフレットを購入し、パンフレットに記念スタンプを捺して、いざ展示室へ。
水戸徳川家ゆかりの品々、武具や駕籠、古文書などが展示されている室の中央のケース内に、上記2本の刀が収められていた。5月のミュージアムトークの際は覆いもない状態で見られたそうだが、今回はさすがにガラスケース入り。

第一印象は、あ、思っていたより小さい、だった。
二尺二寸三厘、とあり約67cmか。この長さだと太刀じゃなくて打刀だよなあ。ミュージアムトークのときの質問に対し、ミュージアム側は打刀と認識しているとのことだったし。同時展示されている「太刀 児手柏包永」の方が明らかに長く反りも強い。と思ったけど「児手柏包永」も磨り上げ入っていて、ものの資料によると二尺二寸八分とあるので約68cm、大して変わらないのか?(長さは直線的に測るらしいので、反りがあるのは実質もっと長いので妥当か。) まあ太刀か打刀かは長さだけじゃなく馬上で使われたか否かにもよるというし、あまり厳密な区別はないらしい。
ゲームではもう刀種変更はしないというし、わざわざ「史実等とは異なる場合がございます」と注意書きも出たことだし、ゲーム内では光忠は太刀のままでいてくれ。

全体が真っ黒だけど、やはり焼けている国光銘の脇差の表面がやや荒れていて刃毀れもあるのと比べると、一様に滑らかな感じできれい。あまり実用されなかったのかもしれないけどね…。反りもそれほどなく真っ直ぐな印象。
融けて付着したハバキの金色も鮮やかで(純金らしい)、「金があしらってある黒い刀」としてこれはこれで格好いいと思う。
水戸徳川家の刀剣類を解説した『武庫刀纂』には焼ける前の刃文を写した図が載っているが、かなり細かい刃文だったようで、華やかな感じ。「豪壮華麗」と言われる光忠作の太刀としての本来の姿も見てみたい気もするが、前述のようにこれはこれで格好いいとも思うので、もし何か機会があるのなら、現物の再刃ではなくレプリカを作るのとかどうだろう。光忠の流れを汲む長船派の刀工さんは現在も活動されているのだろうか。

パンフレットには刀の全体と、ハバキの金が付着した部分のアップ、『武庫刀纂』に載っている記述や刃文の図などが載っている。
このパンフレットは写真撮影禁止のため、要望により公開一週間後に作成されたもの。それ以前に、いち早く行った方はもらえていないはずなのでちょっと気の毒。一度完売して、現在のものは第二版(その後さらに増刷)。記念スタンプを捺すスペースあり。スタンプも2種類あって、新しいものは日付入り(古い方も置いてある)。

ほかに刀の写真がラベルの黒豆きな粉飴とか売ってたけど、3回ほど入荷して即日売り切れの模様。光忠目当ての客は女の客が多いんだから、飴は売れるだろ! 2回目以降はもっと大量に作れよ…って工場のキャパオーバーなのかな…。

さらにキャラクターの紋の蒔絵シールとかもあったようだけど(これは既製品?)、こちらも3日で完売したようだ。キャラの顔が台紙についてるやつなんて売れるに決まってるやん! だからたくさん…!

これでパンフレットがなかったら泣くところだけど、あったからまあそれで良しとするか…。
絵葉書とか作って売ればいいのに。
ほかにキャラクターグッズ的なものはなかったので、散財する気満々だったけど買うものがなく、寄付だけしてきた(面倒くさいから税金減免の用紙記入はしなかったけど、こっそり大枚入れてきたぜ…)

小規模な博物館に突然の盛況で関係者は大変だと思うけど、この機に入館料や寄付がふえて、運営や資料の保存・研究がうまくいくといいね。

なんか文句っぽくなってるけど、見られて大変嬉しかったです。
ミュージアムの方々、お世話になりました。
そして焼刀でも保管してくれていた水戸徳川家や関係者の方々に感謝です!


ゲームの設定や公開の経緯、キャラクターへの個人的な思い入れなどを以下に畳む。
 

続きを読む »

スポンサーサイト



2015-08-09

市川春子『宝石の国』4巻

市川春子『宝石の国』4巻(アフタヌーンKC、2015.5.22)。
講談社発行。月刊誌「アフタヌーン」連載中。

「月人」と戦う不死の「宝石」たちの物語。
冬眠から覚めて、戦闘要員として使えるようになった主人公。
先生と月人の関係が気になりだすところ。

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground