FC2ブログ
2019-04-29

九井諒子『ダンジョン飯』7巻

九井諒子『ダンジョン飯』7巻(HARTA COMIX、2019.4.12)。
KADOKAWA発行、エンターブレイン企画・制作。「ハルタ」誌連載。

「冒険者」がダンジョンで化け物と戦っていたりする、ファンタジーのゲームでよくあるような世界の話。
ダンジョンの中での食料を「現地調達」するのだが、料理の仕方とかが妙にリアルでおもしろい。

本筋を進めるのはちょっと置いといて、キャラの過去話をしたり世界の背景を説明したりする巻、かな?

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

スポンサーサイト



2019-04-29

『妖精国の騎士 Ballad~金緑の谷に眠る竜~』1巻

中山星香『妖精国の騎士 Ballad~金緑の谷に眠る竜~』1巻(プリンセス・コミックス、2019.4.25)。
秋田書店発行。web「プリンセスゴールド」誌連載。

『妖精国(アルフヘイム)の騎士』『ロビン―風の都の師弟』の続編。
ローラントとシェンドラの次女、メリロットが主人公。魔法使いロビンくんほか、おなじみの面々も。
「妖精国」シリーズも次世代編。

マイナーレーベルから出ていた『ロビン』も秋田書店から全2巻で復刊していた。これがないと『妖精国の騎士 Ballad』から話がつながらないからな。良かった。

『花冠の竜の国 encore』全7巻も買ってあるのだが先にこっちを読んでしまった。作者の方的には「花冠」は「ファンタジー」じゃなくて「少女漫画」なのだな。

以下、内容にふれるので。
 

続きを読む »

2019-04-22

トルコ至宝展

「トルコ文化年2019 トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」
会場:国立新美術館
会期:2019年3月20日(水)~5月20日(月) ※火曜休館

装飾やアクセサリー、各種の道具に宝石がふんだんに使われていて豪華。ダイヤモンド、ルビー、真珠、トルコ石、珊瑚、そして鮮やかな緑のエメラルド。短剣の柄まるごとエメラルド、とかも。トルコって宝石の産地なのかな。七宝や金細工も見事。

中国製や日本製の陶磁器などもあるけど、「地味」と思ったのか金や宝石細工を追加したものも。しかし裏側や縁はともかく、食品載せる部分に宝石つけたら食べにくいし手入もしにくいのでは? それともこういうのは飾りや儀式用で実際は使われなかった?

織物や布、服飾系を熱心に見ている年配の女性も多かったような。
刺繍も金糸銀糸をはじめ豪華で細かく、そしてこうした繊維系、色も含め驚くほど保存状態が良い。「残欠」という感じではなく、今でも着られそうなものも多い。乾燥しているせいでもあるんだろうけど、お金のあるところがきちんと保管していたんだろうな。

イスラム文化なので人物モチーフのものはほとんどなく花鳥文様が多いのだが、なかでも展覧会タイトルにもなっているチューリップをモチーフにした図案やらチューリップ用花瓶などチューリップがらみがいろいろ。スルタン・スレイマン1世も手ずから育てていたとか。

すごく大きなガラス器や陶磁器があって、これ運搬に気を遣うだろうなあと担当者の苦労を思う。

平日にもかかわらず結構人がいる感じ。

ショップには高そうな宝飾品やいろいろな織物や布製品も多数。
出品作品があしらってあるクリアファイルと、紅茶と「プリン」ことターキッシュディライト(ロクム)のマスティック味を購入。

美術館のカフェは軽くレストランはお高かったので、原宿近くに出て昼食。甘めのバターミルクのソースのフライドチキンがおいしかった。赤ちゃん連れの外国人家族が複数組いて、赤ちゃんがかわいかった。
 

2019-04-22

ラファエル前派の軌跡展

「ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡」展
会場:三菱一号館美術館
会期:2019年3月14日(木)~6月9日(日) ※月曜休館

「ラスキン生誕200年記念」とあり、ラスキンが評価したターナーの作品から始まり、ラスキン自身の絵画があって、ラスキンが擁護した「ラファエル前派」、ロセッティやジョン・エヴァレット・ミレー、バーン=ジョーンズらの作品が続く。ウィリアム・モリスの工房の織物や家具なども。

派手派手で耽美な「ラファエル前派」の絵画の洪水を期待するとちょっと物足りないかもしれないけど、19世紀のイギリス美術が幅広く味わえるバランスの取れた展覧会。

売店では特に何も買わなかったけど、ジャムやお茶なども売っていたほか、モリスの工房の椅子とかがいいお値段で売っていた。

ミュージアム・カフェはお昼は満員で入れずコラボデザートはお楽しみできなかった。美術館の隣の建物の店で昼食。外の席でちょっと風が肌寒かったけれど、日替わりのお魚のムニエルがおいしかった。
丸の内のオフィス街にあるためもあってか、昼時は結構美術館の周りに人が多かった。
 

2019-04-17

諫山創『進撃の巨人』28巻

諫山創『進撃の巨人』28巻(マガジンKCM、2019.4.9)。
講談社発行。「別冊少年マガジン」連載中。

人間を食べる巨人から身を守るため、高い壁の中に人類が住んでいる世界。そこから…。

毎回、今回は前よりしんどいなあと思っているけど、この巻は今までいちばん…。
正直読むのが辛いんだけど、ここまでつきあったからには最後まで読むよ。すごく辛いけど…!

以下、内容にふれるので畳む。
 

続きを読む »

2019-04-04

弓きいろ『図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編』7巻

弓きいろ『図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編』7巻(花とゆめコミックス、2019.2.10)。
白泉社発行。月刊「ララ」誌に連載。
有川浩原作のコミカライズ。

柴崎と手塚の話以外にも堂上夫妻のエピソードも。今回も楽しいです。

以下、たいしたことないけど内容にもふれるので。
 

続きを読む »

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground