FC2ブログ
2012-03-07

LC漫画外伝3巻

手代木史織『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝』3巻(少年チャンピオン・コミックス、2012.2.20)。
秋田書店発行。「週刊少年チャンピオン」誌連載、外伝第3章「水瓶座」。
車田正美原作の『聖闘士星矢』の先代、200数十年前の前聖戦で「死闘を繰り広げた、雄々しくも美しき十二人の黄金聖闘士たちの、もう一つの激闘の記録」。

発売日2/8には買ったけど、読み返すのが遅くなった。
細かいこと、結構忘れている気がする。

以下、ネタばれがあるので畳む。
 

 
 
黄金聖闘士外伝、三人目はデジェル。

外伝屈指の女性の登場が多い回。人数は多分最後まで一番じゃないかな。舞踏会だからモブにも多い。舞踏会って、前回のカルディア回とともに「星矢界」に今まであまりなかった舞台。

そしてラスボスの女性の護衛役に少年が5人。ちょっと多くね?と思っていたら、紅玉髄(コーネリアン)くん、見せ場なく終わっちったー。
宝石児(ジュエルズ)だけでなく、登場人物の名前は石にちなんでいる。館の女主人ガーネット(=柘榴石)しかり、語り手の少女フローライト(=螢石)しかり。一回限りのやられキャラのジェット(=黒玉)なんてのもいた。例外はフライユ夫人くらい。ちなみに光の山(コー・イー・ヌール)はとある有名なダイヤモンドの名前。

アイザック似の少年デジェルさんはかわいいね。防寒ポイントがレッグウォーマーなのはお約束か。
クレスト先生はハクレイ・セージのコンビも真っ青なお年でした。ミソペサってそんなに保つものなんだ。脱皮して出てくる体はいつのものになるんだろう。ミソペサ受けたときのなのかな。途中イラストにあるクレストさんは随分小さいので、かなり若いうちに聖闘士になったのかな。左右は山羊座と獅子座。どうでもいいけど山羊座が黒髪じゃないね。山羊座の隣りに何故か白鯨座。後ろにいる人は何座か不明。
しかしコー・イー・ヌールがクレスト先生だったおかげで尺取ってしまって、火打石(フリント)は1回もらえたけど、玉髄(カルセドニー)と電気石(トルマリン)は2人で1回、紅玉髄(コーネリアン)にいたっては吸われて終わりだよ!
ところでガーネットさんの部屋に「鉄の処女」(拷問具)みたいなのがあるんだけど…。

デジェルさんはフローライトちゃんが置いてきてもついてきちゃうだろうからと現実的な対応。身内が絡まない水瓶座は冷静沈着です。
でもやっぱり水瓶座は熱い師弟対決なわけですね。デジェルさんを見守るクレスト先生はすごく嬉しそう。どうせそんなこったろうと思ってたけど。
ガーネットさん、冥衣みたいなのを纏ってたな。そういえば戦闘時、火打石(フリント)くんとクレスト先生は着てたけど、玉髄(カルセドニー)と電気石(トルマリン)は着てなかったな。

セラフィナ様とデジェルさんはいい雰囲気だけど、二人とも「恋愛」じゃなさそうなところが残念。
割といい話で終わったけど、ガーネットさんとクレスト先生の最期はセラフィナ様とデジェルさんのそれと重なるのが切ないね。


チャンピオン連載、マニゴルド編が終わってエルシド編に突入。本命登場!
別館にて週刊感想掲載中。
スポンサーサイト



コメント

LCの水瓶座を見ていると、るろうに剣心とだぶっ見えるのは気のせいでしょうか?
デジェル→剣心
セラフィナ→巴

コメントありがとうございました。
ごめんなさい、私は「るろうに剣心」は読んでないのでよくわからないです。
今度くわしい人がいたら聞いてみますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://starglassbottle.blog27.fc2.com/tb.php/204-2b3e285e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground