FC2ブログ
2019-07-21

諏訪緑『うつほ草紙』1巻

諏訪緑『うつほ草紙』1巻(PFコミックス、1995.4.20)。
小学館発行。隔月刊「プチフラワー」誌に連載。

平安時代の古典「宇津保物語」を下敷きにした歴史ファンタジー漫画。
琴を司る家の清原俊華牙とその乳兄弟で琴職人の春音が乗った遣唐使船が難破し、波斯(ペルシャ)の商船のセライ・ナジャという男に助けられ…というところから始まる物語。

絵も物語も「美し」くて素敵です。
少し前のものだがツイッター上で作者の方関連のツイート見た関係で知人から貸してもらったもの。
(直接関係ないことだが、「プチフラワー」誌ってもうないのね…後継誌はあるようだけど)

本人の自覚はあまりないけど俊華牙くんはやればできる子なのね。琴の腕も、語学力とかも。
春音くんはかわいい。
多分貸してくれた知人はわかってた思うけど、セライ・ナジャは好みだなあ~。

「宇津保物語」の俊蔭は23年後に日本に帰ることになっていて、その子孫の話もいろいろあるようだけど、この話ではどうかな?
まあ「ファンタジー」だし。また先を読ませてもらおう。
 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://starglassbottle.blog27.fc2.com/tb.php/627-dd697b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 星のガラス瓶. All rights reserved. Template by Underground