fc2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

「本阿弥光悦」展 

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
会場:東京国立博物館 平成館
会期:2024年1月16日(火)~2024年3月10日(日) ※月曜休館

刀剣の鑑定家の家に生まれたが、書、漆工芸、陶芸など様々な技にも携わった本阿弥光悦の芸術を紹介する展覧会。
別の展覧会を見て連れと別れた後、時間があったので見てきた。

刀を擬人化したゲーム「刀剣乱舞ONLINE」(DMMゲームズとニトロプラスが共同製作)のキャラクターの元ネタは出てないよねと思ったら、後藤くんが来ていた。
あと、常設展1階に三日月が拵えと一緒に、2階には蜻蛉切の写しも出ていた。
という感じでゲームの話も入っています。


特別展の展示は4章に分けてあって、天井からそれぞれのテーマに沿った文字の幕?がかかっていた。

第1章は「刀」「信」で、刀の鑑定家としての本阿弥家の家職と、仏教に関わるもの。

「重要美術品 短刀 銘 兼氏 金象嵌 花形見」
鎌倉~南北朝時代の刀工・志津兼氏作の短刀。本阿弥光悦の唯一の指料と伝わるもの。刃文のきれいな、すっきりした短刀。金象嵌の銘は謡曲「花筐」に由来するとか。出品目録に所有者が書いてないから個人蔵かな。約40年ぶりの公開らしい。
朱漆塗・金蒔絵の「刻鞘変り塗忍ぶ草 蒔絵合口腰刀」の豪華な拵え付き。

「刀 金象嵌銘 江磨上 光徳(花押)(名物 北野江)」
これも今回の目玉の一つ。光悦が仕えた加賀藩主・前田家に伝来したもので、今はトーハクの所蔵だけど、前田くんや大典太の同僚だったものか。極めたのは本阿弥家本家の方の光徳だけど、銘を切ったのは分家筋の光悦だとか。号は前田利常が京都の北野天満宮のほとりで試し斬りしたことに由来。何を試し斬った…? 髭切の同僚だったこともある?

「国宝 短刀 銘 吉光(名物 後藤藤四郎)」
徳川美術館蔵の国宝の短刀。おお、来ていたのか。久しぶり。本家の光徳に評価されていたとのことだが(wikiより)、分家の光悦とはどういう関係があったのかな(今回は買っていない図録を見れば詳細がわかるかも)。

刀は他に、ともにトーハク所蔵の「国宝 刀 無銘 正宗(名物 観世正宗)」「国宝 刀 金象嵌銘 城和泉守所持 正宗磨上 本阿(花押)」と、「国宝 短刀 銘 備州長船住長重 甲戌」「重要美術品 短刀 銘 来国次(名物 鳥飼来国次)」が出ている。

刀剣の折紙や名物帳もいくつか出てたけど、その名物帳の一つの中に、「富田江」と「松井江」の記述があったと思う。郷義弘は刀工として著名だけど在銘のものはないから、本阿弥家にはよく持ちこまれたんだろうな。

光悦が寄進した小野道風筆とされる法華経の写本も。出品目録には「小野道風筆」となかったから、平安時代のもので重要文化財だけどオリジナルではないものらしい。

第2章は「漆」で、ここでは美麗な漆芸品や謡曲稽古用の「謡本」など。

「国宝 舟橋蒔絵硯箱」
展覧会のパンフレットの表紙にもなってるやつ。金と鉛の黒のコントラストが華麗。これだけ展示は展覧会場冒頭に。

他に「重要文化財 花唐草文螺鈿経箱」など、美しい蒔絵・螺鈿細工の漆芸品の櫃とか道具箱とかあるんだけど、本阿弥光悦作と判明しているのは以上の2点のみなのかな。「工房」みたいな感じだったのか?

謡本は木版の印刷本だけど、写本みたい。「光悦流書体」の活字を用いて刷ったものとのことで、これも「工房」の作ってことかな。雲母の粉末を使った透明な絵の具で地模様を摺りだした料紙も美しい。

第3章は「書」で、ここには「本阿弥光悦筆」のものが多い。

「重要文化財 鶴下絵三十六歌仙和歌巻」
これも今回の目玉の一つ。長い巻物を一気に見せてくれる。光悦の書の流麗な文字もさることながら、俵屋宗達が金泥・銀泥で描いた動きのある鶴や背景の下絵も美しい。「下絵」といっても下書きという意味ではなく「背景絵」ということなんだろうな。

他にも光悦筆の書状や、和歌を書いた断簡など。掛軸に仕立ててあったり、屏風に貼られていたりも。

第4章は「陶」で、この章には「土の刀剣」と副題がついていた。光悦は陶芸もよくしたらしい。銘のついてる茶碗多い~。きっと見る目のある人が見るとすごいんだね。


特別展のショップで北野江の刀と「左義長蒔絵硯箱」、「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」の絵葉書を。「舟橋蒔絵硯箱」はパンフに大きく載ってるのでとパス。同じくパンフに載っているけど欲しかった、目玉の一つとして置いてあった花形見の短刀とその拵え忍ぶ草の刀装のはなかったなあ。残念。


ついでに本館常設展1階の刀剣の部屋に行くと、
「国宝 太刀 三条宗近(名物 三日月宗近)」が出ていた。
三日月の打除け、長谷部の皆焼もだけど、いつも全然うまく写真撮れないなあ。
三日月の拵えで現存している鞘、「梨地菊桐文蒔絵糸巻太刀鞘」も並んで出ていた。こっちは見たの初めてじゃないかな? ゲームでの三日月の鞘とは違うけど、蒔絵のきれいなもので、帯執の金具には三日月の模様も。

刀は他に「刀 関兼元」「太刀 古備前友成」など。
前者は「関の孫六」の孫六兼元なので、刀剣乱舞の孫六兼元が集合体ならこれも関係者? 後者は鶯丸の兄弟かな。

2階の「武士の装い」の部屋も見に行ってみたら、「大笹穂槍(蜻蛉切写)」が出ていた。三島の本科も何回か見てるけど、こっちも5年ぶりくらいか。


実は連れが見たがっていた上野の森美術館の「モネ展」に来たのだけど、会期終わりごろだから空いてきているかなーと思ったら入口前に長蛇の列。12時頃だったけど、今から並ぶと17時入館ですと言われ諦め。14時くらいには本日分完売になってた。

せっかくなので国立西洋美術館に行って、パリのポンピドゥーセンターのコレクションを中心とした企画展のキュビスム展を見た。キュビスムの絵画を久しぶりにまとめて見て興味深かったけど、連れが次点として見ようかと思っていたのは小企画展の「もうひとつの19世紀―ブーグロー、ミレイとアカデミーの画家たち」の方だったらしい。すみませんでした。

それにしてもモネって日本人に人気があるのね。西洋美術館でももう少しするとモネ展やるみたいだけど、今上野の森美術館でやってるやつとは別なのかな。


お昼は上野駅2階の「やなぎ茶屋」で最初に食べていった。「きつねうどん」にほうじ茶、あ、前と同じの頼んでたな。今回は早めだったこともあり炊き込みご飯はつけなかった。

トーハクの展示見終わった後、法隆寺宝物館の「ホテルオークラ ガーデンテラス」が復活してたので、紅茶とともに、「本阿弥光悦展」コラボの「ホットチョコパフェ」頼んじゃった。「舟橋蒔絵硯箱」をモチーフにしたとかで、バニラアイス、ホイップクリーム、いちご、レモンレアチーズケーキ、ハイカカオチョコレート(チョコケーキ的なもの)、お麩ショコラ、フレークなどにホットチョコレートソースをかけるという豪華なもの。お昼が早めでうどんと軽かったためつい。おいしかったです。このお店、コロナ禍もあってしばらく休業してたけど、昨年夏頃にメニューも一新して再開したとのこと。トーハクの中の穴場的カフェ、機会があったらまた行きたい。


今回は急に見に行くことを決めたので、単眼刀持っていなかったけど、肉眼のみでよく見ました。
光悦展、刀剣は多くないけど、工芸品好きな方は楽しいですよ。
 
スポンサーサイト



[edit]

« 『色彩楽のすすめ』  |  ダークウィング5巻 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://starglassbottle.blog27.fc2.com/tb.php/989-4cf7b817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)